井出創太郎 Exhibition


エッチング緑青石膏刷りキューブによる

「蘭塔婆」のインスタレーションと

腐蝕銅版画エッチング緑青刷り作品群による

piacer d’amor bush<光射ノ器/欄塔婆ノ影> と題する展覧会。

森に還る途上の山に残る蘭塔婆

オオテに吹きつける偏西風とオトシによって生じた虹色の潮飛沫の帯

境界の際に建つかつての無線送信局

系譜の山

幼少期に暮らした家屋の庭に在った馬頭砂場

不在を告げる立ち枯れた紫陽花

これらは、8年の時を刻みながらカタチ作った「賽の河原」を基調とした

腐蝕銅版画による本「piacer d’amor bush<Double Diablegrig>」のモチーフ

となったものでした。今回の展覧会では、これらの大切なモチーフを宿した

作品群を用いて、あらたな物語を紡いで行きます。

井出 創太郎 展 piacer d’amor bush - 光射ノ器/欄塔婆ノ影 – 2018年 7月 13日(金)〜29 (日) 11:00〜18:00 ※火曜close ※7/16(月)のみ17:00まで 在廊日 / 13日・14日

———————————————————–

profile / 井出創太郎 Sotaro Ide >

1989 愛知県立芸術大学美術学部美術科絵画油画専攻卒業(芸術学士) 1991 愛知県立芸術大学大学院美術研究科絵画油画専攻修了(芸術学修士) 1992 愛知県立芸術大学研修生修了 ・ //受賞歴// 1988- 1991  全国大学版画展 収蔵賞(町田市立国際版画美術館) 2009 第25回芸術創造賞(財団法人名古屋市文化振興事業団) 2013 タカシマヤ文化賞 ・ //パプリックコレクション// 愛知県立芸術大学芸術資料館 愛媛県美術館 長久手中央図書館 町田市立国際版画美術館 ほか ・ //主な展覧会// 1994 現代の版画1994(渋谷区立松濤美術館・東京) 1997 現代日本美術の動勢 版/写すこと/の試み(富山県立近代美術館・富山)2000 旅籠町町屋プロジェクト−旅籠町最後の町家に4つの思考の風が吹く−(佐藤宅・東京) piacer d’amor bush <浅井宅>(浅井宅・東京) 2002 「五箇山/視座/作家たち」 (ギャルリプチボワ・大阪) 2003 平行芸術展―あざやかの構図―(小原流会館・東京) 2004 版の記憶/現在/未来(東京藝術大学大学美術館陳列館・東京) 版画を読むー画層と色相の冒険(文房堂ギャラリー・東京) 2005 時空フリーダム(富山県立近代美術館・富山) 銅版画の地平Ⅲ「現代銅版画の交差点」 (ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション・東京) COLOURS OF EHIME(愛媛県美術館・愛媛) 2009 「現代の造形—Life &Art-版で現す」(東広島市立美術館・広島) 井出創太郎「版画/視座/作家たち」展(ギャルリプチボワ・大阪) 2010 井出創太郎「霧笛への便り」展(ギャルリプチボワ・大阪) アイチ・ジーン (愛知県立芸術大学芸術資料館、はるひ美術館、豊田市美術館・愛知) 「IWAKI ARTトリエンナーレ2010 やる気」(ギャラリーいわき・福島) 2011 Double Diablegrig(ロイヤルスコティッシュギャラリー・スコットランド) 女木島その光と記憶(MEGIHOUSE・女木島/香川) 2012 版と言葉(沖縄県立芸術大学付属図書・芸術資料館・沖縄) 「HAN –Trans dimensional Images -」TENT gallery・ Art,SpaceandNature(ECA・イギリス) 2013 第1回PATinKyoto京都版画トリエンナーレ2013(京都市美術館・京都) IMAGO MUNDI(Fondazione Querini Stampalia・イタリア) 2014 女木島 Whereabouts of prints-系譜の書-(MEGIHOUSE・女木島/香川) 2016 愛知県立芸術大学創立50周年記念展「芸術は森からはじまる」展(愛知県立芸術大学・愛知) 「Double Diablerie」(愛知県立芸術大学サテライトギャラリー ・愛知、ジョン・デヴィッド・ムーニィ財団ギャラリー/シカゴ) 2017 女木島「光射の器/島の影」展(MEGIHOUSE・女木島/香川) 「光射の器/島の影」女木島からの便り(ギャルリプチボワ・大阪)

<過去作品>